数ある生命保険を比較
【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求!

【生命保険情報】

生命保険の保険料と配当金は?!

■ 生命保険の保険料と配当金は?
 
私たちは保険に加入すると保険会社に保険料を支払いますが、その内訳についてご存知でしょうか?保険料は、死亡保険金や満期金などの支払いに充てられる純保険料と保険会社の事業経費に充てられる付加保険料の2つから成り立ちます。

このうち純保険料は、統計データから予測される年齢や性別ごとの死亡率(=予定死亡率)や保険料を運用した場合に見込める運用利率(=予定利率)などをもとに計算されます。また付加保険料は、保険事業を運営するために必要とされる経費を保険料の中に組み込む割合(=予定事業比率)に基づき計算されます。

したがって同じ保障内容でも、年齢が若い人(つまり予定死亡率が低い)の商品や予定利率が高い時に販売された商品や通信販売など事業経費が安く済む商品であれば、支払う保険料はその分安くなります。

また当初の予測よりも死亡者数が少なかったり、運用による収入が多かったり、事業経費が少なかったりした場合などは、決算後保険料に余り(=剰余金)が出ますので、その中から私たちに配当金が支払われる(払い戻す)ことになります。

■ 保険料と予定死亡率・予定利率・予定事業比率との関係

予定死亡率が低い -> 保険料は安くなる

予定死亡率が高い -> 保険料は高くなる

予定利率が高い -> 保険料は安くなる

予定利率が低い -> 保険料は高くなる

予定事業比率が安い -> 保険料は安くなる

予定事業比率が高い -> 保険料は高くなる

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

ブログアフィリエイトで稼ぐ日給8万円
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。