数ある生命保険を比較
【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求!

【生命保険情報】

保険金の請求の仕方は?

■ 万一の時の保険金の請求の仕方は?
 
保険は万一の場合に備えて入ります。通常は何も起こらず無事に契約が終了することが一番よいのですが、不幸にして万一の事態(死亡、高度障害・・・)が起こった場合には保険金を請求することになります。

ただ実際に万一の事態が起こってしまうと、大抵気が動転して保険の手続きなど落ち着いて行うことはできません。また人によっては保険に入っていることすら忘れてしまい、本来受け取れるはずだった保険金も受け取れなかったということが時としてあります。

保険金(給付金)は、こちらから請求しない限り受け取ることができません。また、状況によっては保険金を受け取れないケースもあります。そのため万一の事態に備えて、保険金の受取方法や受取事由を確認しておくことも大切です。

普段から保険証券の管理や保険会社の連絡先などは、自分だけでなく家族に対しても明確にしておくことが必要ですね。

■ 保険金(給付金)の請求の仕方

どんなときに保険金(給付金)を受け取れるのか確認
万一の事態の発生(受取事由の発生)
契約者または受取人が保険会社に連絡して必要書類などの案内を受ける
受取人が保険会社に支払請求書類を提出
保険会社が支払いの可否を判断
保険金(給付金)の受け取り
※ 保険金(給付金)には請求期間がありますので注意しましょう!

■ 死亡保険金(給付金)が支払われないケース
被保険者が契約した保険の責任開始日から1年または2年以内に自殺したとき(保険会社により異なる)
死亡保険金の受取人または契約者が故意に被保険者を死亡させたとき
戦争その他の変乱で被保険者が死亡したとき
被保険者が犯罪行為または死刑執行によって死亡したとき

※契約によっては他にも支払われないケースがあります
※保険会社によって若干取り扱いが異なります

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

ブログアフィリエイトで稼ぐ日給8万円
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。