数ある生命保険を比較
【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求!

【生命保険情報】

個人年金保険について

■ 個人年金保険について
 
老後の生活資金を準備するための保険が個人年金保険と呼ばれるものです。

年金というと、国民年金や厚生年金に代表される公的年金がよく知られていますが、その仕組みは現役世代の人から支払われた保険料でその時代の年金生活者に年金を支給する方式となっています。

そのため少子高齢化が進む日本では、この公的年金の仕組みそのものに無理が生じ始めており、現役世代の割合が減少する将来は公的年金だけではとても暮らしていけない状況が来ると言われています。将来安心して老後を過ごすためには、公的年金制度に頼りすぎず、若い内から各自準備を始めておくのが賢明でしょう。

個人年金保険の基本的な仕組みは、保険料払込み期間中に年金支払い原資を積み立て(一時金支払いタイプもある)、あらかじめ定められた年齢になると、それ以降年金方式で年金額を受け取るというものです。

受け取る年金額は、契約時に決められている「基本年金」と、年金の支払い開始前の配当金によって買い増しされる「増額年金」と、年金の支払い開始後の配当金によって買い増しされる「増加年金」の、3種類の年金額の合計になります。

また、年金を受け取る前に死亡すると死亡給付金が受け取れますが、その金額は既に払い込んだ保険料相当額程度なので、死亡保障機能はあまりありません。

■ 個人年金保険の役割は

少子化、高齢化社会における公的年金制度のひずみ
公的年金の上乗せとして個人年金保険の利用価値が増大

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

ブログアフィリエイトで稼ぐ日給8万円
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。